販売価格 ¥5,000
ショップ名 石川県輪島市
ジャンル 水ようかん

購入する

≪冬季限定商品≫ 輪島の冬の定番!甘さひかえめ☆■コタツで食べる水ようかん■和菓子 羊羹 ようかん スイーツ 名物

・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。

 あらかじめご了承ください。

名 称 創業85年の老舗菓子店が作る水ようかん(3箱セット) 容 量 3箱(1箱:約450g) 消費期限 発送日より4日(商品到着後はお早目にお召し上がり下さい) 配 送 冷蔵によるお届け※配送日指定不可※ 【輪島の冬の風物詩・水ようかん】 〜こたつで過ごす家族団らんの場に、輪島の冬の風物詩・『水ようかん』をどうぞ〜 一般的に夏の和菓子として知られる水ようかんですが、輪島では冬の味覚として親しまれています。

輪島では冬の寒い日にこたつに入って冷たい水ようかんを楽しむ習慣が残っています。

冬に水ようかんを作るのは、能登でも輪島だけです。

前日から水に漬けておいた寒天を釜で炊いて溶かし、砂糖とあんこをかき混ぜて沸騰させます。

甘い小豆の香りが広がる作業場では、毎朝8時頃から作業が始まります。

冷ましてから輪島塗職人が作った漆塗りの木枠に流し込み、一晩寝かせて形を切りそろえて完成します。

この水ようかん作りは、気温の下がる11月中旬頃から春のお彼岸頃まで続きます。

材料は通常の練り羊羹とほとんど変わりませんが、練り羊羹に比べて水分を増やし、寒天を少なくするため食感が柔らかく、口どけの良いのが特徴です。

また、砂糖の量を抑えているため、あっさりとした甘さです。

輪島らしいのは、水ようかんを冷やして固める型に漆器を使っていることです。

「おり」と呼ばれる長細い型は、地元で特別に作られたもので、この枠を使うことで水ようかんの表面が滑らかに仕上がります。

※配送日指定不可※ 準備が整い次第順次発送させていただきます。

万が一返礼品を受け取れなかった場合は、再送は致しません。

予めご了承ください。

≪冬季限定商品≫ 輪島の冬の定番!甘さひかえめ☆■コタツで食べる水ようかん■ 「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。

寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。

(1) 地域福祉の充実 (2) 自然環境の保全事業 (3) 教育環境の充実 (4) 伝統工芸及び地域文化の保存及び継承 (5) その他市長が必要と認める事業 特徴のご希望がなければ、市政全般に活用いたします。

入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。

発送の時期は、寄附確認後2ヵ月以内を目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。

おすすめの記事