販売価格 ¥4,320
ショップ名 グリーンポプリ
ジャンル その他

購入する

非加熱で活きている酵素 生きた乳酸菌 酵母菌 納豆菌 初回限定 プロバイオテクス

純生酵素/初回限定おためし価格 【商品区分】 健康食品 【名称】 植物発酵食品 【原材料名】 コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、甜菜糖、米、大麦、大豆(遺伝子組み換えでない)、果実、植物抽出液(りんごを含む)、原料由来の植物性酵素および有用微生物群 ※原料の一部に白米を含む 【内容量】180g(90包入) 【原産国】日本 【賞味期限】別途商品ラベルに記載 【保存方法】高温多湿を避け冷暗所に保存 【販売者】 グリーンポプリ株式会社GP 【広告文責】 グリーンポプリ株式会社 後藤 洋 0557-51-6659 腸内環境豆知識 腸内細菌叢(腸内フローラ)  私たちは、微生物と共に生活しています。

手肌にも体内にも、微生物は住んでいます。

私たちの腸内には、100種類100兆もの腸内細菌がいます。

私たちは微生物に宿を貸して、一緒に生きているのです。

 むしろ「体の中に微生物を飼っていて、自分では出来ない仕事を分担してもらっている」と言えるかもしれません。

 私たちの体は乳酸菌や酵母菌、大腸菌…を、一緒に生きる仲間として捉えています。

私たちの体には免疫力というものがあって、自分以外のものや自分に害を及ぼすものを体外へと排除します。

例えば悪い菌が入って下痢をするのは、害を及ぼすものを外に出そうとする正常な免疫反応です。

ところが乳酸菌や、酵母菌、麹菌、納豆菌、酢酸菌は排除されることはありません。

これは私たちの体が仲間として受け入れていることを表しています。

 ここでは腸内に常在している微生物のことを、腸内細菌と呼びます。

腸内では乳酸菌、大腸菌、バクテロイデス、クロストリジウム、腸球菌、連鎖球菌など様々な微生物が、勢力争いを行いながら一つの集合体を作っています。

これを、腸内細菌叢(フローラ)といいます。

この腸内フローラを形成する微生物の種類は、人により異なります。

腸内フローラのはじまり  腸内フローラは、フローラを形成する微生物の種類により変わってきます。

これは遺伝により、また生活習慣により変わってきます。

赤ちゃんは生まれる前は無菌状態ですが、産道で最初に感染します。

動物の赤ちゃんは土をなめて多種多様な菌を体内に摂り入れて腸内フローラを育てます。

人間の赤ちゃんだって、指をなめたり色々なところを舐めたりして体内に菌を摂りいれ腸内フローラを育てます。

空気中にも、食物にも菌はうようよいますから、体内にどんどん菌は入ってきます。

このようにして腸内フローラは育ってゆきます。

生活習慣により変わる腸内フローラ  腸内フローラを形成している腸内細菌たち。

彼らは何を食べて、生活しているのでしょう。

それは私たちが食べた食物や、消化管内で死んだ細胞などです。

それらを栄養源にして別の産物をつくりだしています。

つまり野菜が好きな人達の腸内には、野菜が好きな細菌が増えてゆきますし、肉が好きな人の腸には肉が好きな細菌が増えてゆきます。

食習慣によって、腸内フローラは変えられるのです。

善玉菌と悪玉菌  腸内細菌は便宜的に、善玉菌、日和見(ひよりみ)菌、悪玉菌に分けられます。

善玉菌は乳酸菌、ビフィズス菌など私たちにとってよい作用をする菌で、悪玉菌はウェルシュ菌、大腸菌など悪い作用をする菌です。

日和見菌はどちらにもなりうる菌で最も多くいます。

生まれたばかりの赤ちゃんはほぼ善玉菌で離乳食を離れるころから悪玉菌が増え年齢が増すごとに悪玉菌が増加します。

悪玉菌はタンパク質やアミノ酸を分解し、アンモニアや硫化物といった有害物を産生します。

ウンチやおならの臭いが臭くなるのは、このせいです。

プロバイオテクスとプレバイオテクス  悪玉菌が出した有害物はガンや心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病やアレルギーを引き起こす因子となりますから、善玉菌を増やしたいものです。

そのために発酵食品を食べ外から乳酸菌など善玉菌を送り込むことをプロバイオテクスといいます。

またオリゴ糖など善玉菌の餌となるものを体内に入れてお腹の中で善玉菌を増やす考え方をプレバイオテクスといいます。

ただし残念ながら外から入れた菌は定着しないので、このような育菌作業は継続的に続けてゆかなくてはなりません。

純生酵素おためし価格 初回限定1家族様1回限り 純生酵素の各商品ページへのリンクはこちら 純生酵素 1箱〜ご購入いただけるページです 純生酵素 3箱セット 5%引き。

おすすめの記事